オクラホマの 6 年生が 1 日で 2 人の命を救う

オクラホマの 6 年生が 1 日で 2 人の命を救う

11 歳の生徒の校長は、Davyon Johnson は仲間やスタッフから好かれていると言っています。

オクラホマ州の 6 年生は、別の生徒を窒息から救い、障害のある女性が燃えている家から逃れるのを助けた後、1 日に 2 回英雄として称賛されました。

最初の事件で、ラトリシア・ドーキンス校長は、マスコギーの 6 年生と 7 年生のアカデミーに通う 11 歳のデイヴォン・ジョンソン君の同級生が、水筒の蓋を口で緩めていたところ、蓋が外れて喉に入ったと述べました。



ジョンソンは、窒息している少年が彼の教室に出くわすとすぐに行動を起こした.

ダヴィオンはすぐに全力疾走し、ハイムリッヒ法を実行した、とドーキンズは語った。 マスコギー・フェニックス 12月9日の事件について。目撃者の話によると、彼がそれをしたとき、ボトルのキャップが飛び出しました。

彼は常に救急救命士になりたいと言っています」とドーキンスはジョンソンについて言及し、彼はYouTubeでハイムリッヒ法を学ぶ方法を学んだ.だから彼はその欲望を行動に移すようになり、すぐにその若者を救った。

信じられないことに、同日遅くにジョンソン KOTVに語った 彼は、燃えている家から逃げようとしている障害のある女性を見つけましたが、彼女が十分に速く動いていないことに気付きました。

彼女はポーチにいました。しかし、私は善良な市民として、彼女がトラックに乗り込んで立ち去るのを手伝おうと思った、と彼は言った。

ドーキンス校長は、ジョンソンを二重の英雄と呼び、この少年はただの親切な魂であり、仲間やスタッフからも好かれている.

機敏な子供は、最近の式典で英雄賞を受賞し、マスコギー警察署の名誉士官とマスコギー郡保安官事務所の名誉副官に任命されました.

私はただの誇り高い母親です、とラトーヤ・ジョンソンは彼女の息子について言いました.