コミュニティは、募金活動で往復 5 時間、17 マイル以上歩く男性を称えます

コミュニティは、募金活動で往復 5 時間、17 マイル以上歩く男性を称えます

「私はただ進み続けなければなりません、続けなければなりません」とドンテ・フランクリンは言います。 「最終的にはすべてが報われる」

オクラホマ州の善良なサマリア人が、往復 17 マイル (17 マイル) の通勤に 5 時間以上かかる男性を助けるために介入しました。

最近、20歳のドンテ・フランクリンは、アントニオ・ハラミロが車を止めたとき、ムーアのバッファロー・ワイルド・ウィングスで料理人として長い旅をしていました。



彼は私が乗る必要があるかどうか尋ねました、そして私は「ええ」のようなものでした. KOCO-TV .

フランクリンの話を聞いた後、ハラミロは 彼が車を買うのを助けるためにGoFundMe そのため、彼は仕事に行ったり来たりすることができ、歩かずにどこへでも行く必要があり、将来を始めることもできます。

彼は常にコミュニティを助けてくれる素晴らしい人物です、とハラミロは募金サイトに書き、フランクリンはこれに値すると付け加えました.

同じく溶接工になるために勉強しているフランクリンは KOCO-TV に、彼が 16 歳のときに亡くなった母親のおかげで、常に続けるためのインスピレーションを得たと語った.

私は前向きでなければならなかった、と彼は説明した。ママを幸せにするために、私は自分をより良くするために磨かなければなりませんでした。

そして今、フランクリンには新たな励ましの源があります。

他の人が私を助けてくれているように、他の人々を助けることができるように、研鑽を続けたいと思います」とフランクリンは募金活動について語った.私はただ進み続けなければならない、続けなければならない。最終的にはすべて報われます。