セフレの作り方を知るという後輩にタダマンのやり方を教わる

セフレの作り方を知るという後輩にタダマンのやり方を教わる

 後輩社員の布山との飲みで、思わぬことを言われ突き刺すような破壊力というものを感じてしまったのです。
布山「Twitterで、セフレ探しをしているやつなんだけど、確実に風俗業者なんですよね。ネットって顔が見えないから、嘘を付きやすい。特にネット出会いビギナーは、こういうのに騙されやすいんですよ」
まじまじと言われ、ぐうの音も出なくなってしまったのです。
私「そんな業者が、多くいるものなのか?」
布山「大井川さんは、ビギナーだから分らないかもしれないけど、この世界には、かなりの数だって思って間違いがないです」
ますます私の気分は、急降下していく状態。
疑問に思っていたことも、この際だからと聞いてみることにしました。
私「わりきりって、純粋な男女の挿入関係とは違うのか?」
布山「ああ、昔はそういう意味だったんだけど、今は違うんです。金銭の支払い有りって意味に使われてます。タダマンとは違っちゃってるんですよね」
無知が起こした悲劇だな…そんなことを、心の中でつぶやいてしまっていました。
布山「大井川さんだけじゃないですよ。ビギナーは、かなり騙されてしまっていますからね。美味しい条件出したりもするし、性欲が激しいと、そういうの判断できなかったりしますから」
何だか、後輩の方が頼もしい存在に思えてきてしまったのでした。
布山「もしセフレが欲しいのなら、無料で匿名性が高いところは使わない方がいいです。お勧めは安全パイの出会い系サイトですよ!」
彼はにっこり笑って言うのです。
私「君は、その出会い系サイトを利用しているのか?」
布山「まあ(笑)利用してます。ここでタダマンのセフレを作っているんです」
私の心に希望の灯火が宿ったような感覚になっていきました。
後輩に話を聞けば、セフレの作り方を教えてもらえるのではないか?
布山「僕の方法、試してみますか?決して難しくないですよ」
私「話を聞かせてくれないか?」
布山「いいですよ!安全パイの出会い系サイト、これ数が少ないんですよね」
と彼は、ネットの出会いについての講義を始めてくれました。

トップへ戻る