セフレ作りの方法を習得して2人の女子大生とセフレに

セフレ作りの方法を習得して2人の女子大生とセフレに

 亜美香は、出会い系サイトで2人目に釣り上げた、魅力的な10代後半の女の子。
性的快楽にはとても従順であり、アクティブな女の子でした。
LINEを利用した通話ば、即時開始されました。
通話する前から、脇目もふらずオナニーをしていた状態であり、すっかりスイッチが入っていました。
あっという間のオナ指示をはじめ、それに対して、のっけから激しい反応を見せ付けてくれるのです。
自分「その、ハレンチな姿を見てあげようか?」
亜美香「見られたら、もっと変になっちゃうよ…」
自分「それは素晴らしいことだろう」
すると、亜美香はカメラを起動してくれたのです。
そこに映し出されたのは、下半身裸になっているJDでした。
粘膜からしみ出た液で、彼女のオマンコはテカテカと光輝いている。
感じるたびに腰を浮かす。
体を痙攣させる。
男のハートは、ガッツリキャッチされてしまいました。

 

 亜美香と謁見するのには、さしたる時間もかからなかったのです。
2回ほど通話をし、その数日後に待ち合わせの運びになりました。
とても性的にはアクティブな女の子ですから、自分の期待は高まっていました。
期待は全く裏切られることはない。
まさに壮絶な、男女の絡み合いとなっていきました。
鼻息荒く互いの肉体を求めあう。
上になったり、下になったりもつれ合う。
舐めあったり、弄りあったり。
股間を連結させ、激しい運動会でした。

 

 同僚の霧立からの助言で、実に素晴らしい人生を経験できるようになったと言えるでしょう。
ありふれた、アラサーのサラリーマンの自分。
セフレ作りの方法を習得して10代と出会い、親密になり、友達以上恋人未満という、成人的なお付き合いを始められたのですから。
その日も、酒の席で武勇伝を語り合うことに。
霧立「どうだ、若い女とエンジョイできているのか?」
自分「3週間の間に、2人とパコパコできた!信じられん!平凡な自分に、2人もセフレができたよ」
霧立「俺の攻略を実践していけば、まだまだマン壺は手にできるからな!」
自分「もちろん、実践を続けて行くつもりだぜ!」
夜遅くまで、互いの肉体関係の話で、大いに盛り上がりました。

トップへ戻る