35才主婦の割り切り体験告白

35才主婦の割り切り体験告白

ダンナとの夫婦関係もうまくいかず、長年のセックスレスにもんもんとしていた頃。
私は手軽に異性と出会えるサイトを利用することにしました。
現実の生活では家とパ-ト先の往復を繰り返すばかりで、出会いなんか全く期待できなかったからです。
罪悪感はありませんでしたね。
家庭を壊す気はなかったし、ダンナには内緒で割り切りの出会いを楽しめばいいや、という開き直った気持ちでした。

 

いろいろサイトを見て回りましたが、まず「ワクワクメール」というサイトに登録。
実際に外で異性と会う場合、あまりにも遠方だと交通費や時間調整も大変。
やっぱり地元の方が一番現実的かな?と考えたからです。
簡単なプロフィ−ルを載せると、すぐに異性からたくさんのメ−ルが届きました。
その中から何度か気に入った方とメ-ルをやり取りして実際に会うことに。
約束の日の朝はやっぱりドキドキしました。
メ-ルでははっきり「寝よう!」という話はしていませんでしたが、きっとそうなることはわかっていたので。

 

当日は近くのファミレスで待ち合わせ。
打ち合わせていた通り、紺色のセダンが駐車場に止まっていました。
会ってみるとなんと・・・かなりのおデブさん。
メ-ルで「太っている方はごめんなさい」と書いていたはずなのに、どうして?
内心帰ろうかと思いましたが、割り切りの出会いなんだし、まあいいかと思い一緒に店に入りました。
軽い食事をしてから当然のように郊外のホテルへイン。
相手の方は、話してみると気さくな感じで初対面の印象はなくなっていました。

 

子供が学校から帰ってきてしまうので、あまりのんびりはしていられません。
ホテルの部屋に入って私はすぐにシャワ−を使いました。
そしてその後は、部屋の明かりを消して久しぶりのセックスに。
その頃にはもう相手の方の体型など気になりませんでした。
それだけ私の体が飢えていたんだと思います。
終了後、相手の方から15000円手渡されました。

 

えっ、この中途半端な額は何だろう、と思いましたが、時間がなかったので黙って受け取りました。
あれから何度か割り切りの関係を続けています。
自分に嘘さえ付かなければこういう関係もありだと思います。

 

出会える優良サイト限定で案内

【男性】優良出会い系5大サイト

 

【女性】優良出会い系5大サイト

トップへ戻る